エントリー・お問い合わせ

0120-216-757(平日 9:00~18:00)

2020年新卒採用(2020年3月卒業)
2021年新卒採用(2021年3月卒業)

バトンつながる
ニチイホームのチーム力TEAMWORK

出会い~ご入居編
ご入居後~最期の瞬間編

松永 和也

ニチイホーム鷺沼 介護チーフ

お客様の生活全般の介助を行うほか、介護職とその他の職種とのスムーズな連携のため常に職員とのコミュニケーションを欠かさない。
また、スタッフが相談しやすい雰囲気づくりも大切にしている。

佐藤 真紀

ニチイホーム鷺沼 看護師

お客様の健康をあらゆる面からサポート。生活に寄り添い、持病やその時々の症状に応じて往診医や薬局と連携している。必要に応じて、ドクターと家族が話し合う場を設けることも。

笹山 研

ニチイホーム鷺沼 ホーム長

ホームの責任者として、運営方針を定めることや、お客様やご家族が過ごしやすく職員が働きやすくなるよう環境を整備しサポート体制を築く。

中尾 由香

ニチイホーム鷺沼 ケアマネジャー

お客様のご要望やお身体の状況を踏まえ介護スタッフや看護スタッフと情報を共有し、意見を出し合って、お客様がよりよい生活を送るためのケアプランを形にしていく。 また、そのケアプランが実施されているか、お客様に合った内容かを見極め日々改善を行う。

※役職・所属名称は2018年10月の取材時のものです。

EPISODEつながるバトンエピソード

ノートを使い、タイムリーかつ


確実に情報を共有

介護職はシフト制の勤務なので、毎日同じ職員が揃っているわけではありません。そのため、普段から密に情報共有を行うことはとても重要です。 お客様の体調は日々変わるため、その様子や薬の変更等、職員が知っておくべきことはたくさんあります。 お客様の状態を確実に共有するために、朝夕の「申し送り」のほか、ノートも活用しています。 お客様の変化やちょっとした出来事をできる限り細かく書いておき、出勤するとまずそのノートに目を通すのです。顔を合わせられなくても連携を取るための大切なノートです。

各自の意見を持ち寄る


ケアカンファレンス

お客様ひとりにつき半年に一度、「ケアカンファレンス」という会議の機会を設けています。介護職・看護師・ケアマネジャー・ホーム長などが集まり、担当しているお客様の介護の方針について話し合うものです。同じお客様のことでも、職種が違えば視点も異なります。例えば食事について、 看護師から「飲み込む力が弱くなっている」という指摘があれば、好きなものを美味しく食べてもらえるように食事の形態を見直す必要も出てきます。「好きなものを食べてほしい」という根本的な考えは皆同じですが、妥協せずに意見を出し合うことで、よりよいケアを模索しています。

最期の瞬間まで、
お客様に寄り添って

看取りを行う際にも、チームワークが欠かせません。 職員が側で見守っている間に、他職員がお客様の好きな食べものを買ってきて、召しあがっていただく…ということもありました。介護職や看護師はお客様と接する時間が多いので、好きな食べものや趣味についてよく理解しています。最期までホームでの暮らしを望まれた場合、 チームの皆で共有し、自然なかたちで穏やかな最期を迎えられるよう心配りをしています。

チームだから、あらゆる角度からお客様を支えられる

たとえ毎日顔を合わせられなくても、
「お客様の笑顔と幸せの実現」という想いを
ホームの全員が持っています。
様々な知識を持った職員との連携が
チームケアの強みです。
ひとりのお客様をいろいろな角度から見つめることで、
日々サービスの質を高めています。