エントリー・お問い合わせ

0120-216-757(平日 9:00~18:00)

2020年新卒採用(2020年3月卒業)
2021年新卒採用(2021年3月卒業)

それぞれのキャリアCAREER

STEP成長意欲のあるあなたへ

「やりたい」「なりたい」が
見つかる仕組み

ニチイケアパレスで描くことができるキャリアは多彩です。介護職から、介護サブチーフ、介護チーフ…と、お客様と接する役割を突き詰めていくこともできれば、また別の角度からお客様を支える生活相談員やケアマネジャー、ホーム運営を支える本社スタッフへの職種変更をすることも可能です。
将来的には、ホームの責任者であるホーム長、あるいは本社の管理職、いくつかのホームをマネジメントするエリアマネージャーという選択肢があります。また、経験を重ねて目指すビジョンが変わることもあるでしょう。
そんな時のために、年に一度の「キャリアビジョン自己申告制度」があります。どんな自分になりたいのか?そのために何を学び、何を経験したらよいのか?仕事を通じて成長し、新しいことに挑戦できるフィールドがあります。

INTERVIEWこの方にお話を伺いました!

仕事をするからには、


どんどん上を目指したい。

振り返ってみると、入社3年目に介護サブチーフを経験したことがキャリアの転機だったのかもしれません。入社した時は、将来の目標なんて考えたこともありませんでしたし、目の前の仕事に必死で取り組んでいるだけでした。
そんな時に、新しくできたホームで介護サブチーフを任されました。気が付くと、自分でルールや枠組みをつくっていく面白さに夢中になっていたのです。それをきっかけに、「上を目指そう」という気持ちが芽生えました。実績や信頼がなければ、自分のアイデアを実現していくことはできませんから。
再び新規立ち上げのホームに携わりたいとずっと希望していたので、2018年10月オープンの「ニチイホーム江古田の杜」でホーム長になれたというのは本当にうれしいです。もちろん責任やプレッシャーも感じますが、毎日充実しています。個人的なことですが、妻と子どもがいるので、家族を支える身としても、仕事ではどんどん上を目指していきたいですね。その気持ちをいつも後押ししてくれる会社にとても感謝しています。

眞庭 潤

ニチイホーム江古田の杜 ホーム長
2010年に入社し、ニチイホーム立川に配属される。物心ついた頃から漠然と福祉の仕事を意識していた。大学でも福祉を専攻。モチベーション維持のため、常に資格取得の勉強を行っている。

※役職・所属名称は2018年10月の取材時のものです。
CAREER FLOWキャリアフロー

2010年
介護職
(ニチイホーム立川)

お客様の介助のほか、アクティビティの企画や旅行の幹事なども行い、ホームでの仕事の幅広さを知り驚く。

2012年
介護サブチーフ
(ニチイホーム東浦和)

新規ホームのオープニングスタッフになり、新しい建物の中でスタッフがどう動くか、効率のよい動線を考えるなど、ルールを決めていった。お客様が入居し、試行錯誤を繰り返してホームとしてでき上がっていく面白さを体感。

2013年
介護チーフ
(ニチイホーム大宮)

介護サブチーフよりも裁量が大きくなり、さまざまなことができる一方で、責任も増すことを実感。介護職とホーム長やその他職種との調整役を務める。

2016年
ホーム長
(ニチイホーム大宮)

ホーム長として、ホームを「売上」「経営」という面からも考えるように。ニチイホーム東浦和でのホーム立ち上げの経験から、ずっと「新規ホームのホーム長になりたい」という希望を持っており、2018年10月オープンの江古田の杜の立ち上げを任される。

上司がきちんと評価してくれる!

「上を目指したい」「スキルアップしたい」という気持ちを評価してもらえる会社だと思います。
上司がいつもきちんと見てくれて、私が進みたい方向へ行かせてくれたのがありがたかったですね。
「成長したい」という気持ちがあるのなら、その想いを素直に周りに伝えておくべきです。