エントリー・お問い合わせ

0120-216-757(平日 9:00~18:00)

2020年新卒採用(2020年3月卒業)
2021年新卒採用(2021年3月卒業)

大変なコト、本音トークINTERVIEW

介護職 ― 統括チーフ

朝枝 謙Ken Asaeda

ニチイホームさいたま新都心 統括チーフ


高校で福祉施設でのボランティアを経験し、大学では福祉を専攻。


2011年に入社し、ニチイホーム鷺沼南へ配属される。


介護サブチーフ、介護チーフを経て、2018年より統括チーフに。

My Work!

職種間の橋渡し役として、ホームの連携をより強固に

統括チーフとして、介護職員のとりまとめを行っています。
職員のシフト作成や面談などの管理業務をしつつ、お客様の食事・入浴介助なども担当します。
日々、ホーム長やケアマネジャーなど事務所で働く職員と、介護職員や看護師たちの間をつなぎ、
ホームが一体となるよう支えています。

大変なコト
生活リズムは睡眠で整える

入社後、一番苦労したのは生活リズムを整えることでした。早番・日勤・遅番・夜勤とさまざまな時間帯での勤務があるので、体調のコントロールが本当に大変だと実感しました。毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きて…ではなく、早起きした翌日は遅くまで仕事…といったシフトも珍しくありません。昼間でも眠気が取れなかったり、食欲が落ちたりということもありました。そんな時、先輩から「生活リズムは意識してつくるんだ」と言われ、目からウロコでした。早番の前日は、早く寝て早起きに備えること。夜勤の前日は、多少眠気を感じても遅くまで起きていて、朝も遅めにすること。そんなふうに具体的に教えていただいて、実践していくうちに身体が慣れていきました。

大切なこと
お客様との最期のふれあい
“看取り”

ニチイケアパレスでは、お客様の最期に立ちあう“看取り”を大切にしています。最期までその方らしく、穏やかに過ごしていただきたいので、お好きな服を着ていただいたり、女性ならお化粧やネイルをしたりすることもあります。3ヶ月ほどかけて看取りをしたお客様のことは、とても印象に残っています。お返事はなくとも毎日お声をかけ、お好きな食べものをお持ちしていました。看取りをさせていただいた後に、ご家族が「このホームに入って本当によかったです」と言ってくださいました。本当にありがたく、忘れられないお言葉です。看取りの形に正解や絶対はありません。お客様が最期までその方らしく過ごせるよう、お気持ちに寄り添っていきたいと改めて思いました。

\ message /

お客様との触れ合いがやり甲斐に

最初は「大変そう」「自分にできるだろうか」という不安があるかもしれません。私も入社前はそう思っていました。
もちろん大変なこともありますが、お客様と接する毎日は本当に楽しいです。お客様から「ここに来てよかった」、ご家族から「あなたのおかげで笑顔が増えました」などという言葉をかけていただくと、この仕事をしていてよかったと心から思います。
少しでも興味があるのなら、ぜひ一度、私たちのホームを見に来てください。

※役職・所属名称は2018年10月の取材時のものです。