エントリー・お問い合わせ

0120-216-757(平日 9:00~18:00)

2020年新卒採用(2020年3月卒業)
2021年新卒採用(2021年3月卒業)

それぞれのキャリアCAREER

STEP育児と仕事を両立したいあなたへ

勤務形態・勤務地も
フレキシブルに

出産・育児休暇、短時間勤務制度と、育児と仕事を両立させるための制度を整えているので、子どもを持ちながら働いている社員、子どもの手が離れたパート社員など、子育て経験のある社員がたくさんおり、ホーム内での理解がある環境なので安心です。
夜勤のない日勤帯勤務への変更や、自宅や保育園の近くのニチイホームへの異動など、そのときどきの生活スタイルに合わせた働き方について会社に相談しながら、キャリアも子育ても、どちらも追求することができます。
また、子育て支援窓口があり、妊娠が判明した段階で人事労務課の担当者による事前面談が受けられます。妊娠中の配慮や、産前・出産・産後の手続き、産休・育休取得の流れなど、詳しい説明を聞くことができます。その後、働き方や手続きのことなどでわからないことがあれば、気軽に相談できる体制になっています。

INTERVIEWこの方にお話を伺いました!

周囲の理解があるのが


本当にありがたい

2人の子どもを育てながら、9時から16時の時短で勤務しています。生活相談員は日勤帯の仕事なので、介護職から生活相談員へと職種変更していただけたことは、勤務時間の面でも、キャリアアップという面でも、とてもありがたかったです。ホームには年上のパートさんも多く、子どもが熱を出して早退や欠勤をくり返していた時にも、「早く行ってあげて!」と温かく送り出してくださいました。今も、そういう周囲の理解には本当に助けられています。
それから、自宅の近くに複数のニチイホームがあることは、勤務地の選択肢が増えるという点で大きな強みだと思います。私も、家とホームが近いのでとても助かっています。
子どもたちには、私がどんな仕事をしているのか知っていてほしいので、機会があればホームへ連れて行くようにしています。育休中も、ホームで運動会があったので遊びに行きましたし、今もイベントがあれば連れて行きます。子ども連れで参加する職員が多いので、なんだか大きな家族のように感じ、お客様も喜んでくださっています。仕事と子育て、大変なこともありますが、職場と家族、どちらにも支えられているので、どちらもがんばれているのだと思います。

湯浅 香菜子

ニチイホーム千歳船橋 生活相談員
2007年に入社し、ニチイホーム稲城へ配属される。6歳の男の子、2歳の女の子の2児の母で、時短勤務を活用中。
子育てをしながら資格取得にも挑戦し、念願だった生活相談員となる。

※役職・所属名称は2018年10月の取材時のものです。
WORKLIFE FLOWワークライフフロー

2007年
介護職として入社
(ニチイホーム稲城)

仕事に慣れた頃から資格の勉強をはじめ、2年目に社会福祉士の資格を取得。いずれは資格を生かした職種へキャリアアップしたいと考えていた。

2010年 結婚
2012年 出産・育休取得

2010年の結婚を経て、2012年には第一子を出産。育児休暇を取得。

2013年 職場復帰
(ニチイホーム千歳船橋)
2015年 生活相談員に職種変更

出産を機に、短時間勤務制度を活用。会社からの後押しもあり、出産後も迷わず職場復帰を決める。

2015年 2人目の出産・育休取得
2017年 職場復帰
(ニチイホーム千歳船橋)

出産後は介護職として復帰。その後、2018年に再び生活相談員へ。

周りに頼って、仕事も育児も楽しむ

仕事と家庭の両立には、職場や家族の理解が必須だと思います。自分の状態を知ってもらうためにも、「すべて自分でやろう」と気負いすぎず、頼る勇気も必要だと学びました。
ニチイケアパレスの社員は理解がある方ばかりで、ストレスやプレッシャーを感じたことはありません。子どもがいても、安心して働けますよ。